止まらない手汗 どうしたらいいの?|千種区の内科・美容皮膚科|ちぐさ内科クリニック覚王山

〒464-0821 愛知県名古屋市千種区末盛通1丁目17 el sol 覚王山 4F

トピックス TOPICS

覚王山駅徒歩10秒

〒464-0821
愛知県名古屋市千種区末盛通1丁目17
el sol 覚王山 4F

止まらない手汗 どうしたらいいの?

 

みなさん、こんにちは。
3月も残すところあとわずか。
4月を迎え新しい環境での生活が始まろうとするこの時期、緊張したときや物を持つときに手汗が異常に出て困ってしまうという方がちらほら来院されます。

こんなお悩みがある方
☑️手汗で手が濡れているためいつも手が冷たい
☑️手汗が気になって握手やハイタッチに躊躇する
☑️手汗のせいで大切な書類が濡れてしまう
☑️手汗のせいでマウスがぬるぬるになる
☑️手汗が無尽蔵にでてきてストレスを感じる   など
気温や運動時に関係なく、両手のひらにたくさん汗をかいて、日常生活に支障をきたしてしまっている場合、それは手掌多汗症かもしれません。
5~64歳の日本人を対象とした調査では、原発性手掌多汗症を発症している患者さんは約493万1千人で、割合にすると5.3%いると考えられています。 

明らかな原因(病気、服用している薬の副作用など)がないのに、両手のひらの汗が6カ月以上続いており、次の6つのうち、2つ以上当てはまる場合、手掌多汗症と診断されます。

①最初に手の多汗症状がでたのが25歳以下

②左右の手のひらに汗をかく
③睡眠中は発汗が止まっている
④1週間に1回以上手の多汗症状がある
⑤家族に同じ症状の方がいる
⑥手汗のために日常生活に支障がでている


そして、2023年6月よりアポハイドローションという手掌多汗症のお薬が保険で処方できるようになりました。

【アポハイドローションの作用機序】有効成分である「オキシブチニン塩酸塩」が、手掌のエクリン汗腺に発現しているムスカリン受容体に結合し、汗を出す信号である「アセチルコリン」が受容体に結合するのを防ぐ「抗コリン作用」を発揮し、抑汗作用を示します。

就寝前に1日1回塗布することで手汗を抑えられるようになります。
手汗でお困りの方は体質のせいだと諦めずにお気軽にご相談ください。

ちぐさ内科クリニック覚王山 
内科/美容内科/美容皮膚科

内科医 美容皮膚科医 近藤千種



近藤院長の経歴はこちら