プラセンタ注射【ラエンネック】【メルスモン】どう違う?|千種区の内科・美容皮膚科|ちぐさ内科クリニック覚王山

〒464-0821 愛知県名古屋市千種区末盛通1丁目17 el sol 覚王山 4F

トピックス TOPICS

覚王山駅徒歩10秒

〒464-0821
愛知県名古屋市千種区末盛通1丁目17
el sol 覚王山 4F

プラセンタ注射【ラエンネック】【メルスモン】どう違う?



みなさん、こんにちは
先日もプラセンタの美髪効果についてポストしましたが、今回は患者さんからよく質問を受けるプラセンタ注射製剤のメルスモンとラエンネックの違いについてまとめてみました。

医療用に使われているプラセンタ注射薬として、メルスモンとラエンネックという2つの製剤が厚生労働省で医薬品として認可されています。いずれも日本国内の産婦人科で健康な母親から正常分娩で生まれた胎盤を使用して作られたものです。
当院では自費での注射の場合、どちらでもお好きな方をお選びいただけますが「どっちがいいの?」という質問をよくいただきます。

臨床的にはそこまで違いがないと言われていますが、2つの製剤の特徴をそれぞれあげてみます。

🔴ラエンネック
製造方法:分子分画法
必要な成分のみを特殊なフィルターを使って抽出する方法⇨サイトカイ ンなどを含む低分子の蛋白質が含まれる
内容:アミノ酸・ペプチド・蛋白
添加物:pH調整剤
適応疾患:慢性肝疾患における肝機能の改善
副作用:頭痛がおこる人がいる
胎盤含有量:1アンプル(2mL)中112mg

🔴メルスモン
製造方法:加水分解法
プラセンタの細胞膜を強酸で分解しエキスを抽出する方法⇨低分子の蛋白質を含め 全てがアミノ酸に変わる
内容:アミノ酸・ペプチド(蛋白は含まない)
添加物:ベンジルアルコール
適応疾患:更年期障害、乳汁分泌不全
副作用:眠気がおこる人がいる
胎盤含有量:1アンプル(2mL)中100mg

ベンジルアルコールには、局所麻酔作用があるためメルスモンの方が注射時の痛みが少ないです。
また、1本(2 ml)あたりの胎盤含有量は、ラエンネックのほうがメルスモンよりも10%ほど多くなっています。

最終的にどちらがおすすめかというと
痛みがある程度平気で美容目的で通院されるならラエンネック
痛みが苦手な方や更年期障害がある方で隔日通院できる方はメルスモン
という感じです。
ちなみに美容目的であれば週に1-2回、1回2A程度がおすすめです。
また更年期症状がある場合はメルスモンが保険適応となります。

プラセンタ療法について興味がある方はぜひご相談ください。

当院でのプラセンタ注射の価格は以下になります。

1A 990円
2A 1,540円
3A 2,310円
50A分回数券 33,000円(1A 660円相当)
※プラセンタ注射を受けた方は、厚労省の指針により献血が出来なくなりますのでご注意ください。(輸血を受けることは可能です。)

ちぐさ内科クリニック覚王山 
内科/美容内科/美容皮膚科

内科医 美容皮膚科医 近藤千種


近藤院長の経歴はこちらから